エクセルで重複データを関数でカウントする方法

この記事では当方が実際にご相談いただいた内容をまとめております。
シートのデータの中に重複データが何個あるかを関数で数えたいという方向けの記事です。

エクセルで重複データを関数で簡単にカウントする方法

こんなことで困っていませんか?
シートのデータの中で重複データが何個あるかを数えたい。けれども、COUNTIF関数でやってみたけどうまくいかない。
COUNTIF関数の使い方がいまいちわからない。
そもそも関数って何?
COUNTIF関数だけでエクセルの重複データを簡単に数えることができます。

事前準備としまして下記のデータをご用意ください。

関数とは

当方のパソコン教室に通っている生徒様に関数とは何ですか?
説明してくださいと伝えるとみなさん言葉を詰まらせて説明できません。
説明できないということは理解できていないということです。
Excelは例えるなら数学です。
Excelは暗記するだけでは使いこなすことができません。
Excelは考えることができないと永久に習得できません。
関数を自分の言葉で説明できるように考えてみてください。

関数とは「数値、式、文字列を入れると何かしらの結果を返すもの」です。

例えば、SUM関数なら合計を返しますし、AVERAGE関数なら平均を返します。
関数に渡す数値、式、文字列のことを引数と呼びます。

関数を使いこなしたいのであれば暗記を捨てて場面に応じて考えることです。

COUNTIF関数


COUNTIF関数は指定されたセル範囲に含まれるセルの中で検索条件に一致するセルの個数を返す関数です。

関数の引数は以下の2つです。
範囲:重複データをカウントしたいセルの範囲を指定します。
検索条件:計算の対象となるセルの条件を数値、式、文字列で指定します。

エクセルの関数で重複データをカウントする


数式タブをクリック
その他の関数をクリック
統計をポイント
COUNTIF関数をクリック


範囲をクリックし、「A1」をクリック
ファンクションキーのF4をクリック
「:」と入力し、「A1」をクリック
検索条件をクリックし、「A1」をクリック
OKをクリック


C1のセルの右下までマウスを移動して黒い十字架にする。
黒い十字架を最後の行までドラッグしてオートフィル
重複データを数えることができました。

※「=COUNTIF($A$1:A1,A1)」と入力してEnterキーを押しても同じことです。

結論(まとめ)

「エクセルで重複データを関数で簡単にカウントする方法」を解説しました。

  • 関数とは
  • COUNTIF関数
  • エクセルの関数で重複データをカウントする

Follow me!

The following two tabs change content below.
mouri49
大阪生まれの大阪育ち。システム開発系、パソコン教室運営管理、パソコンサポートの仕事を中心に10年以上IT業界に生息しているけれども、実はHTMLやCSSが苦手。 パソコン教室やパソコンサポートなどでお客様から「ありがとうございます。」という感謝の言葉をいただいたときにやりがいを感じる。もっと自分のITのスキルで人様のお役に立ちたいと考え、義経ITクラブを開業して日々を送る。

ベストセラー著者森山義章の著書『40代主婦が副業で月5万円以上の副収入を得るブログの稼ぎ方』

処女作出版記念につきなんと今だけ99円!

Amazon言語学の参考図書部門第1位獲得
Amazon女性と仕事 (Kindleストア)部門第1位獲得

・1ヶ月以内にたった7つの記事でGoogle検索順位1位を獲得するブログライティング術

・ブログの稼ぎ方

について学べます。

まだ読まれていない方は99円の今がチャンス!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA