メールの送受信でエラーコード「0x800ccc0f」と表示されたときに確認するべき2つのこと

この記事では当方が実際にご相談いただいた内容をまとめております。
メールの送受信を実行してもメールの送受信ができない。
エラーコード「0x800ccc0f」と表示される方向けの記事です。

メールの送受信でエラーコード「0x800ccc0f」が表示されたときにやるべき2つの対処法

こんな症状で困っていませんか?
インターネットに接続されているのにメールの送受信ができない。
メールの送受信をするとエラーコード「0x800ccc0f」と表示される。

エラーコード「0x800ccc0f」の原因

エラーコード「0x800ccc0f」の原因としては以下の2つが考えられる。

  • メールソフトのタイムアウトの時間設定が短い
  • セキュリティ対策ソフトによる影響で送受信できない

メールソフトの「メールソフトのタイムアウト」の時間設定を伸ばす

Windows Liveメール2011の場合

メールソフトのタイムアウトを変更したいメールアドレスをクリック
「アカウント」タブの「プロパティ」をクリック
「詳細設定」タブをクリック
「サーバーのタイムアウト」の項目で設定時間を右へドラッグ(5分に設定)
「OK」ボタンをクリック
※初期値は1分に設定されている。

Outlook2013の場合

メールアドレスを右クリック
「アカウントのプロパティ」をクリック
「アカウント設定」をクリック
「アカウント設定(A)」をクリック
メールソフトのタイムアウトを変更したいメールアドレスをクリック
変更ボタンをクリック
詳細設定をクリック
詳細設定タブをクリック
「サーバーのタイムアウト」の項目で設定時間を右へドラッグ(5分に設定)
「OK」ボタンをクリック
※初期値は1分に設定されている。
「次へ」をクリック
受信と送信のテストの状況が「完了」と表示されたら「閉じる」をクリック

※Thunderbird、Macのメールソフトには設定項目はありません。

セキュリティ対策ソフトによる影響で送受信できない可能性

「メールソフトのタイムアウト」の時間設定を伸ばしても改善されない場合はお使いのセキュリティ対策ソフトの影響で送受信できない可能性があります。

お使いのソフトの提供元へ問い合わせてください。

結論(まとめ)

メールの送受信を実行するとエラーコード「0x800ccc0f」と表示されてメールが送受信できないときの対処法をまとめました。

  • エラーコード「0x800ccc0f」の原因
  • メールソフトの「メールソフトのタイムアウト」の時間設定を伸ばす
  • セキュリティ対策ソフトによる影響で送受信できない可能性

Follow me!

The following two tabs change content below.
mouri49
大阪生まれの大阪育ち。システム開発系、パソコン教室運営管理、パソコンサポートの仕事を中心に10年以上IT業界に生息しているけれども、実はHTMLやCSSが苦手。 パソコン教室やパソコンサポートなどでお客様から「ありがとうございます。」という感謝の言葉をいただいたときにやりがいを感じる。もっと自分のITのスキルで人様のお役に立ちたいと考え、義経ITクラブを開業して日々を送る。

ベストセラー著者森山義章の著書『40代主婦が副業で月5万円以上の副収入を得るブログの稼ぎ方』

処女作出版記念につきなんと今だけ99円!

Amazon言語学の参考図書部門第1位獲得
Amazon女性と仕事 (Kindleストア)部門第1位獲得

・1ヶ月以内にたった7つの記事でGoogle検索順位1位を獲得するブログライティング術

・ブログの稼ぎ方

について学べます。

まだ読まれていない方は99円の今がチャンス!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA