【絶対保存版】初心者がパソコンを購入する前に理解しておきたい2つのこと

最近パソコンの調子が悪くなってきたので買い替えようと考えている。
でも、どんなパソコンを購入していいかわからない。
いろんなパソコンがあり過ぎてどれを選んでいいかわからないと感じていませんか?
そこで、初心者がパソコンを購入する前に理解しておきたい3つのことをまとめてみました。

①パソコンの種類とソフト

まずは、パソコンの種類を解説していきます。
パソコンにはデスクトップパソコン、ノートパソコン、タブレットの3種類があります。

パソコンの種類

デスクトップパソコン


据え置き型のパソコンのことです。
どこかへ持ち運ぶことがなく、家でしか使わない人向けのパソコンです。
タイプとしてはタワー型、省スペース型、キューブ型、コンパクト型、スティック型、一体型があります。
パソコンの修理のしやすさを考えると購入する場合はタワー型を選択しましょう。
他のタイプでも修理できるものもありますが、修理のしやすさではタワー型が一番です。

ノートパソコン


どこかに持ち運ぶことができ、カフェや出先でもパソコンを使いたい人向けのパソコンです。
デスクトップパソコンよりも画面が小さいです。
ノートパソコンで画面を大きくしたい場合は別途ディスプレイやHDMIケーブルで接続できるテレビが必要になります。
故障すると修理しにくいです。

タブレットパソコン


ノートパソコンよりもコンパクトで持ち運びも便利です。
ノートパソコンよりも画面が小さくなります。
故障すると修理しにくいです。

OSの種類

OSとはパソコンを動かすためのソフトのことです。
OSにはWindows、MAC、Androidなどがあります。
順番に解説していきます。

Windows


マイクロソフト社が提供しているOSのソフトです。
Microsoft Officeという文書作成、表計算、プレゼン、データベースのソフトを利用することができます。
カスタマイズしやすい。

MAC


Apple社だけが製造販売しているOSのソフトです。
OSが違うのでWindowsのソフトは動きません。
VirtualBoxというソフトを使用すればWindowsをインストールすることは可能です。

Chromium


Google社が開発したOSのソフトです。
WindowsPCとハードウェアは同じでOKです。
無料ダウンロードやOS単体の販売はありません。
Macのようにノートパソコンへ入った状態で販売されています。

Follow me!

The following two tabs change content below.
mouri49
大阪生まれの大阪育ち。システム開発系、パソコン教室運営管理、パソコンサポートの仕事を中心に10年以上IT業界に生息しているけれども、実はHTMLやCSSが苦手。 パソコン教室やパソコンサポートなどでお客様から「ありがとうございます。」という感謝の言葉をいただいたときにやりがいを感じる。もっと自分のITのスキルで人様のお役に立ちたいと考え、義経ITクラブを開業して日々を送る。

ベストセラー著者森山義章の著書『40代主婦が副業で月5万円以上の副収入を得るブログの稼ぎ方』

処女作出版記念につきなんと今だけ99円!

Amazon言語学の参考図書部門第1位獲得
Amazon女性と仕事 (Kindleストア)部門第1位獲得

・1ヶ月以内にたった7つの記事でGoogle検索順位1位を獲得するブログライティング術

・ブログの稼ぎ方

について学べます。

まだ読まれていない方は99円の今がチャンス!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA