【第85回】発達障害の診断に風景構成法でわかるものなんでしょうか?

IT起業家・著者・ITインストラクター・WEB集客コンサルタント・システムエンジニア・プロデューサーとしてマルチに活躍し続ける、書籍はAmazon言語学の参考図書部門第1位獲得、Amazon女性と仕事 (Kindleストア)部門第1位獲得のベストセラー著者、1ヶ月以内にたった7つのブログ記事でGoogle検索順位1位を獲得したWEB集客専門家、出品後半年以内でココナラITサポートおすすめ順第1位獲得のITコンサルタント、30歳を過ぎてADHD・高機能自閉症と診断された・森山義章。

Podcast第85弾では

「発達障害の診断で風景構成法というものをやりました。一枚の絵を描くだけです。結果は発達障害でしょう、とのことでした。
もちろんその他の経緯(生育歴や精神科への相談歴、社会生活でもこれまでの問題など)が大きかったとは思うんですが、なんか、これでわかるの?という疑問があります。絵はカウンセラーの方が「川を描いてください」終わったら「次に道を描いてください」など全部で10個くらいの絵を指示されるごとに描いていくんですが、はじめの川を画用紙のど真ん中に描いてしまったため道や山や家などかなりバランスが取りづらくなりました。(加えてもともと絵が下手くそなんです)これでわかるものなんでしょうか?」

というテーマについて話していきます。

回答:わかるかもしれない

方法1.症状で考えてみる(フラッシュバック、うつっぽい)
方法2.診断テスト
方法3.脳波を調べる

などの内容について触れていきます。

Follow me!

The following two tabs change content below.
大阪生まれの大阪育ち。システム開発系、パソコン教室運営管理、パソコンサポートの仕事を中心に10年以上IT業界に生息しているけれども、実はHTMLやCSSが苦手。 パソコン教室やパソコンサポートなどでお客様から「ありがとうございます。」という感謝の言葉をいただいたときにやりがいを感じる。もっと自分のITのスキルで人様のお役に立ちたいと考え、義経ITクラブを開業して日々を送る。

これから副業をはじめるならバイナリーオプション取引

バイナリーオプション取引
ペイアウト倍率最大2.0倍

・業界最高水準のペイアウト倍率
・豊富な取引資産と取引種類
・オーストラリア金融当局の監督下にて営業
・取引開始でもれなく全員に5,000円キャッシュバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA