Windows10の起動が遅いときにやるべき3つのこと

この記事ではパソコンサポート中にあったパソコントラブルの内容をまとめております。
パソコンを起動するのに5分以上かかるという症状でした。

【メーカー】
東芝

【型番】
不明

【OS】
Windows10 64bit

【症状】
パソコンを起動するのに5分以上かかり、再起動しても一向に起動しない。

Windows10の起動が遅いときの対処法

こんな症状で困っていませんか?
パソコンを起動するのに5分以上かかってしまう。
パソコンを再起動しても一向に立ち上がらない。

Windows10の起動が遅いときの原因

Windows10で起動が遅いときの原因としては以下の3つが考えられます。

  • ドライバーが古い
  • 不要なソフトのスタートアップが有効になっている
  • 内部の回路や部品に電気が溜まっている

Driver Booster6でドライバーを最新の状態にする

「Windows10でWindows Updateをしたら音が出ないときにやるべき1つのこと」のブログ記事の「Windows Updateをしたら音が出ないときの解決策」の「ドライバーを最新にできるフリーソフトをインストールする」と「Driver Booster6でドライバーを最新の状態にする」を参考にドライバーを更新しましょう。

不要なソフトのスタートアップを無効にする


タスクバーを右クリック
タスクマネージャーをクリック


スタートアップをクリック
不要なソフトをクリック
無効にするをクリック


無効になりました。

放電する

「Windows10でソフトを起動中に画面が真っ黒になったときにやるべき2つのこと」のブログ記事の「放電する」を参照ください。

上記3つを試したところパソコンの起動に5分以上かかっていたのが、20秒くらいで起動できるようになりました。
パソコンの再起動も試してみたところ2分以内に起動できました。

結論(まとめ)

「Windows10の起動が遅いときの対処法」を解説しました。

  • Windows10の起動が遅いときの原因
  • Driver Booster6でドライバーを最新の状態にする
  • 不要なソフトのスタートアップを無効にする
  • 放電する

Follow me!

The following two tabs change content below.
大阪生まれの大阪育ち。システム開発系、パソコン教室運営管理、パソコンサポートの仕事を中心に10年以上IT業界に生息しているけれども、実はHTMLやCSSが苦手。 パソコン教室やパソコンサポートなどでお客様から「ありがとうございます。」という感謝の言葉をいただいたときにやりがいを感じる。もっと自分のITのスキルで人様のお役に立ちたいと考え、義経ITクラブを開業して日々を送る。

これから副業をはじめるならバイナリーオプション取引

バイナリーオプション取引
ペイアウト倍率最大2.0倍

・業界最高水準のペイアウト倍率
・豊富な取引資産と取引種類
・オーストラリア金融当局の監督下にて営業
・取引開始でもれなく全員に5,000円キャッシュバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA